Photos

研究に関連した植物・フィールド



オオオナモミオオオナモミ 22KB

100年後には大気中のCO2濃度は2倍になると予測されています。そのような高いCO2濃度下では、植物群落どのような影響を受け、どのような反応を示すのかは、まだ十分には解明されていません。(この植物を用いた研究その1その2その3


ヒメスイバヒメスイバ 38KB

オス株・メス株に別れている(雌雄異株)植物では、オスとメスとで、形態や性質の違いが見られることがあります。このような違いは、どのような要因によって進化してきたのでしょうか。(この植物を用いた研究その1その2


シロザ葉断面シロザの葉断面 47KB

植物は、生育環境の光条件によって、光合成の能力が異なります。異なる光条件で育てたシロザ(右;暗条件・左;明条件)の葉を調べて、その光合成能力が違う仕組みを解明しようとしています。(この植物を用いた研究


キンコウカキンコウカ 77K

花序の下から順番に咲いてゆくことで、下部の花と上部の花とで、その機能や寿命に違いが見られるかも知れません(この植物を用いた研究その1その2


ミヤマナラミヤマナラ 50K

コナラ属植物の種子の出来高は、年によって大きく異なります。このような現象は、ネズミや昆虫などの種子を食べる動物と関係していると考えられています。(この植物を用いた研究


オオシラビソオオシラビソ 24K

写真奥の深緑の樹木。標高が高い場所の樹ほど、低くなる傾向にあります。この現象は、繁殖への栄養の分配が標高によって異なることから生じています(この植物を用いた研究その1その2


ミズバショウミズバショウ 24K

この植物の花は、はじめ雌しべだけが成熟し、雄しべの成熟があとに続く「雌性先熟」という繁殖システムを持っています。その性表現の移り変わりを調べています(この植物を用いた研究


温暖化と植生オープン・トップ・チャンバー(簡易温室) 18K

地球の温暖化は、植生に大きな影響を与えると予測されています。この実験は、環境の変化に対して植物がどのような応答を示すのかを解き明かす糸口になるでしょう (地球環境変化に対する植物個体・群落の応答 参照)


植物生態学講座ホームページ